債務整理 銀行

銀行といえば、この世でもっともお堅い職業の部類に入ります。銀行員のイメージもそれと同じで、そこまで真面目にしなくてもいいのに、と思うほどです。

かつての銀行と言えば、個人から集めた預金を企業などに融資する金融機関でした。しかし、今ではリテール業務といって個人向けのサービスに力を入れるところが多くなっており、銀行のカードローンも珍しくなくなります。

銀行が運営主体になると貸金業法の対象にならず、何かとやりやすいという理由もあるのですが、バブル崩壊後あまり活発ではない企業向け融資にこだわるよりも個人に力を入れたほうがいいという打算もあるようです。

個人向けのカードローンに力を入れると、当然その中には返済不能になる人も出てきます。その中には債務整理という形で借金を踏み倒す人も出てくるでしょう。

そんな債務整理という話になった時、銀行はそれまでのお堅いイメージから豹変します。これ以上はないほど冷酷で、淡々と法律にのっとった処理を進めてきます。

裁判で勝てないものは認め、勝てそうなものは断固として突っぱねるという判断も機械的で、このあたりはさすが銀行だなとうなづいてしまいます。






|