債務整理 企業

ある種のブームのようになっているせいもあって、債務整理は個人が行うものだというイメージがあります。しかし、実際にはそんなことはありません。

そもそも、債務超過に苦しんでいる状態を救済する法律は企業や法人のために作られたのが始まりです。それを個人に当てはめたのが、昨今の個人向け債務整理です。

あまり知られていませんが、よく個人再生と呼ばれている債務整理は、もともと民事再生といって企業向けに設けられた制度です。

企業が債務超過に陥った場合、最も考えられる解決法は倒産です。しかし、その会社の経営者や従業員にも家族はあるはずで、簡単に倒産させてしまうわけにはいかない事情もあるでしょう。そんな時に活用されているのが民事再生をはじめとする各種の再建策です。

金融機関に債務の一部を放棄してもらった上で再建していく方法が一般的ですが、これも企業にとっての債務整理に含まれます。最近では民事再生という仕組みが確立しているのでもっぱら利用されていますが、企業の場合は債務整理の方法も多彩で、制度化されていないものも含めると、数えきれないほどの種類があります。



|