債務整理住宅ローン


債務整理という言葉がCMなどで頻繁に見られるようになったので、債務整理イコール、キャッシングやローンの借金問題を解決するためのものというイメージがあります。

しかし、借金問題はこれだけではありません。もちろん、複数の借金問題が絡み合っていることが多いので、こうしたキャッシングが関わっていることも少なくはありません。

こうした消費性ローンと同じくらい、借金問題によく登場するのが住宅ローンです。住宅ローンは長期間にわたるローンなので、その間に会社が倒産したり給料が大幅に減ったりで計画が狂ってしまうことも少なくありません。その結果、キャッシングなどで急場をしのぐようになると、もう後はお決まりのコースです。

借金を借金で返すようになると時間の問題とよく言われますが、住宅ローンがそういう状態に陥ったら、なるべく早い時期に債務整理を検討するべきです。

自己破産の場合は家を手放すことになりますが、民事再生や任意整理などであれば、自宅を手放すことなく債務整理をすることも可能です。




|