債務整理 携帯

債務整理をしてしまうと、携帯電話が使えなくなるという噂があります。

現代人にとって携帯電話は必要不可欠のコミュニケーションツールなので、これが使えないとなると、かなり生活が制限されると考える人も多いでしょう。

確かに、携帯電話会社は料金の滞納情報などを信用情報として共有しているので、過去に滞納や未払いがあった場合は新たな契約ができないという事情があります。これは噂ではなく、事実です。

では、携帯電話とは関係のないところで債務整理をした人が携帯電話を新たに契約しようとすると、どうなるのでしょうか。

結論から述べると、携帯端末の料金を分割払いにするという契約の場合は、もしかするとダメかも知れません。分割払いに伴う信用情報の審査があるからです。しかし、これはあくまでも端末の代金を分割払いにするというだけのことで、携帯電話会社との契約ができないわけではありません。

携帯電話やスマートフォンの端末をどこかで買ってきて入手した上で、携帯電話の契約をするということであれば問題ありません。

もっとも、過去に携帯電話料金の滞納や未払いがある場合は、当然ながら契約の審査にも通りません。





|