債務整理 できない


法律は弱い者の味方と言われています。確かにそういう側面もありますが、弱い者を助けるためだけにあるのではありません。不公平がないように、全ての人にフェアになるように設けられているのが、法律です。
このことを踏まえておくと理解できることだと思いますが、多重債務者など、こうした感覚のない人にとっては、法律は弱い者に味方してくれないという被害者意識になるそうです。

では、どういう時に法律は多重債務者の味方をしないのでしょうか。最も分かりやすいのは、前回の自己破産から7年経過していない人の自己破産でしょう。

民法の規定では、一度自己破産をすると、そこから7年間は再度の自己破産はできないと規定されています。残念なことに、一度自己破産をするような金銭感覚の人は、再びお世話になる確率が高く、まだ7年経っていなくても同じような状況に陥ることがあります。

しかし、この場合は債務整理ができないことになります。自己破産以外の方法もありますが、7年以内は事実上、他の債務整理もできないでしょう。


|