債務整理 シミュレーション

借金問題の解決に利用される債務整理には、主に4つの方法があります。

自己破産、民事再生、任意整理、特別調停。

それぞれ方法は異なりますが、法律にのっとった手続きによって借金を返しやすくするということに変わりはありません。自己破産の場合は原則として全額を免責にするので返済そのものがなくなりますが。

その中で民事再生というのは、最も毛色の異なる手続きです。基本的に借金の返済をなくすわけではなく、3年で返済できる金額を算出して、それを3年の期間で割るという手法で進められます。

この時に重要になるのが、返済シミュレーションです。債務整理をする段階での年収や返済能力と、残っている債務、それを加味した上で3年間の返済計画をシミュレーションします。それで問題ないと判断された場合にのみ、裁判所は民事再生による債務整理を認めます。この計画が絵に描いた餅にならないように、しっかりとしたシミュレーションを行う必要があるのです。




|