債務整理 シュミレーション


新たに借金をするときにも、ほとんどのキャッシング会社のサイトにはシュミレーションのページが用意されています。いくら借りていつまでに返済すると、金利はこれくらい・・・といった具合の計算ページです。

ここでいうシュミレーションとは、これとは逆の債務整理の際に行うシュミレーションのことです。債務整理とは、借金が返済困難になった人のために弁護士や司法書士が行う法的な手続きのことです。借金を減額したり、無理のない支払方法に変更したりすることで、借金問題を解決する効果があります。

ここで行われるシュミレーションとは、主に過払い金の計算に利用されます。いわゆるグレーゾーン金利で借りていた時期、支払った利息をシュミレーションによって計算し、どれくらい払いすぎているかを算出するのです。

ここで払い過ぎと認められた金額を債務の総額から差し引いて、残った金額を債務として無理のない支払方法にするというのが、債務整理の基本的な流れです。



|